京都市内で前撮りにおすすめのロケーションの紹介

太平洋戦争で大きな被害を受けなかった京都市内には、今でも古い街並みが残されています。市内の観光スポットの周辺では電柱や目立つ看板などがないので、美しい風景が保たれています。嵯峨野エリアや鴨川河川敷の周辺では、テレビドラマや時代劇の撮影に利用されるケースも多いです。 最近は、祇園花見小路・巽橋周辺や八坂神社、清水寺周辺、嵯峨野・嵐山周辺は前撮りのロケーションとして人気を集めています。夕方に人が少なくなる頃になると、祇園巽橋の周辺や花見小路には数組のグループが街並みをバックに写真を撮影している姿を目にすることができます。 最近は日本人だけでなく、外国人のカップルが洋装姿で写真を撮影している様子を目にする機会が増えてきました。市内のおすすめの撮影スポットをいくつかご紹介します。

日中におすすめの撮影ロケーションの紹介

日中に撮影する場合には、比較的観光客が少ない場所を選ぶことができます。観光スポットの周辺には常に多くの観光客がいますが、人が少なめで撮影に適した場所が存在します。 日中に京都の古い街並みをバックに前撮りを行う場合、清水寺の近くにある二年坂入口の階段を下りないで、八坂の塔に向かう石畳が敷かれた坂道沿いが一番おすすめです。二年坂の方は観光客で大混雑していますが、八坂の塔の周辺には店が少ないので観光客は少なめです。 時代劇に出て来るような自然の風景をバックに撮影したい場合には、嵯峨野にある竹林の道がおすすめです。このエリアには電柱や看板がないので、時代劇の撮影にも利用されているほどです。春の桜の季節であれば、荒神橋周辺エリアがおすすめです。鴨川沿いに桜の木が植えられていて、春になると美しい桜並木を眺めることができます。鴨川周辺は、サスペンスドラマなどの撮影に利用されることが多いエリアです。

夕方から夜におすすめの撮影ロケーションの紹介

夕暮れ時から夜の時間帯に京都市内で前撮りをするのにおすすめの撮影スポットは、祇園エリアです。四条通りの南側に伸びる祇園花見小路周辺には、昔ながらの「お茶屋」が立ち並んでいます。夕暮れ時から夜にかけての時間帯には大勢の観光客や、社用の接待などで賑わいます。花見小路の両側にはお店の入口に設置された電灯が点灯し、昼間とは違った幻想的な風景を眺めることができます。このエリアで一番おすすめの撮影スポットは、花見小路の入口に位置する「一力茶屋」の前です。 四条通の北側にある白川通り沿いにも石畳が敷かれていて、美しい街並みを楽しむことができます。夕暮れ時におすすめの撮影ロケーションは、巽橋の入口付近や白川南通りまたは新橋通です。 新橋通の方が観光客が少ないので、こちらの方が写真撮影におすすめです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

京都で前撮りを行う際の撮影の流れとは

近年は本物志向が強い30代以降のカップルの間で、和装姿で挙げる結婚式が人気を集めています。和装姿で結婚式を行う場合には、前撮りのロケーションとして和風の趣が感じられる京都市内の観光スポットが一番おすす...

京都市内で前撮りにおすすめのロケーションの紹介

太平洋戦争で大きな被害を受けなかった京都市内には、今でも古い街並みが残されています。市内の観光スポットの周辺では電柱や目立つ看板などがないので、美しい風景が保たれています。嵯峨野エリアや鴨川河川敷の周...

和装の花嫁衣裳での前撮り撮影は京都がおすすめ

人生の中にはいくつも大きな出来事がありますが、結婚は間違いなくその内の一つでしょう。それまで全く異なる環境で生きてきた二人が今後の人生を共に過ごすことを約束する訳ですから、結婚は間違いなく人生の大きな...